ファリネ以外で手汗対策に人気・効果のあるものは?

ファリネ以外で手汗対策に人気・効果のあるものは?

ファリネ以外にも手汗対策として効果のある商品がいくつかあります。

 

手汗対策をしたいけど、みんなどんなものを使っているのか、どんな商品があるのか分からない方もいると思うのでご紹介していきたいと思います。

 

まず日本で手汗対策として発売されているものは、ファリネしかありません。

 

そのためファリネ以外の手汗対策商品は海外製品になります。

 

海外製品で手汗対策として効果の高い商品はデトランスαとプロバンサインです。

 

 

デトランスαってどんな商品?

 

 

 

デトランスαは別名パースピレックスといってデンマーク発の医薬品です。

 

手汗・足汗専用の制汗剤です。

 

1本100mlのローションで約40日使えます。

 

使い方は夜寝る前に適量を手のひらにとり、まんべんなく手のひら全体に付けます。

 

あとは翌朝手のひらを洗い流すだけでOKです。

 

私もデトランスαを使ったことがあります。

 

最初の3日ぐらいは全く効果がなく、手汗が出てくるので、量が少ないのだと思い4日目の夜は少し多めに付けました。

 

そしたらちょっとかゆみがでてしまいました。

 

付ける量が多いと肌の弱い方はかゆや赤みが出るようですね。

 

私の場合、5日目ぐらいから効果が出始めました。

 

効果が出始めると、3日ぐらいは持続するので付ける回数も3日に1回になりました。

 

公式サイトでは40日分とありますが、3日に1回なら2か月以上は持ちました。

 

デトランスαは手汗だけでなく、足汗対策としても使えます。

 

デトランスαは日本のクリニックでも手汗対策として処方しているところがあるので、専門家も認める手汗対策制汗剤です。

 

ただ、クリニックで購入すると1本5,000円ほどするので、デトランスαの公式サイトで購入する方が安く買えますよ。

 

 

 

プロバンサインってどんな商品?

 

 

 

プロバンサインは手汗だけでなく多汗症対策の錠剤です。

 

1箱100錠入りで1回1錠を1日に3〜4回にわけて服用します。

 

効果は絶大で飲んで1日目から効果がでる方もいらっしゃいます。

 

その反面副作用も出やすく、尋常じゃないほどにのどが渇いたり、体温調節するためにかく汗も抑制してしまいます。

 

でも全身の多汗症の方の中には汗が出るよりはまだ副作用の方が我慢できるという口コミがありました。

 

どちらからというと、全身の多汗症の方向けの商品です。

 

海外製品で個人輸入する形での購入になります。

 

⇒⇒プロバンサインについてもっとみてみる

 

 

手掌多汗症の管理人がお勧めする手汗対策ベスト3

 

ファリネ

 

 

これまでいろんな手汗対策をしてきましたが、一番ファリネが私には合っていました。

 

付ければすぐに汗を抑えることができますし、コンパクトで見た目が制汗剤に見えないのでどこでも使用できるというのもファリネのいいところです。

 

日本製で無添加・無香料と成分にもこだわって作られているので、日本人の肌に合っているため肌荒れやかゆみがでるという心配もなく安心です。

 

 

 

デトランスα

 

 

 

持続時間を重視するならデトランスαがお勧めです。

 

海外製だけあって、強い成分で制汗効果が高いのがデトランスαの特長です。

 

1度効果がでると、3日〜5日は制汗作用がはたらくので、毎日塗らなくてもよくなります。

 

ただ、肌の弱い方にはかゆみや赤み・肌荒れなどの副作用が表れることがあるので、肌の強い方にお勧めです。

 

 

 

プロバンサイン

 

 

手汗だけでなく全身の多汗症の方にお勧めです。

 

早い人なら1回飲んだだけですぐに制汗効果が出るという方もいらっしゃいます。

 

全身の汗を抑える強い成分のため、唾も出にくくなりそのため喉がカラカラになる副作用は必ず出ます。

 

また尿が少なくなったり、体温調節のためにかく汗も抑えるため極端に汗をかかなくなります。

 

手汗だけでなく全身の多汗症の方にだけお勧めします。

 

⇒⇒プロバンサインについてもっとみてみる

 

 

自分の手汗のレベルや肌に合わせて商品を選ぶことをお勧めします。

関連ページ

手汗受診は皮膚科がいい?手汗の原因で受診科が違う?
手汗で非常に困っている方は病院で診てもらうことも考えたことがあると思います。その時に皮膚科に行くのか、何科にいけばいいのでしょうか?

このページの先頭へ戻る